株取引を始めたいけど右も左もわからないという人に勧めるサイトです。このサイトで株取引のいろはを学びましょう!

株取引はどのようにして利益をだす?

歴史的な低金利状態が続く現在の日本では、銀行の定期預金の金利はかなり低く抑えられており、銀行に大金を預けてもほとんど利息収入は得られません。
そこで、より多くの利益を得ることを目的に投資にお金を回して資産運用を図る人が増えています。

資産運用先として多くの人が真っ先に思い浮かべるのが、株取引です。
取引所に上場しているさまざまな企業の株式に投資をするもので、タイミングよく購入と売却を行うことによりさまざまな利益を得ることが可能です。

株取引で得られる利益として最も一般的なのが譲渡差益です。
これは、キャピタルゲインとも言われます。
キャピタルゲインは、購入時と売却時の株価の差に応じて得られるもので、株取引における基本となる利益です。
銘柄によっては購入時から数倍も価格が上昇することもあり、大きな利益が期待できます。

もう1つ、株取引で得られる利益として、インカムゲインがあります。
インカムゲインとは、配当金による利益のことです。
毎年の業績が安定しており、継続して利益を出している企業は、その一部を株主に対して配当金という形で還元しています。
したがって、安定的な企業の株式を長期的に保有することにより、毎年継続的にインカムゲインが得られるのです。

投資金額に対する配当金の割合を示す配当性向が高い銘柄では、多少株価が下がっても、インカムゲインによってその損失を相殺できるほどです。
なお、どの企業でも配当金を出しているわけではありません、業績が低迷しており、何年も続けて赤字を垂れ流している企業は配当原資となるお金がありませんから、無配当を続けているところが多いです。

その他にも株取引で得られる利益は存在します。
その代表例は貸株サービスです。
空売りとも呼ばれる、信用売り取引を行うときには、他人から株を借りて行うことになりますが、この貸株サービスに登録すれば、保有している現物株式を、信用売りを行う他の投資家に貸し出す代わりに、貸出料を得ることができます。

株取引を続けることで経済の知識もつけられる

株価は、世界や日本の政治や経済の状況、それぞれの企業の業績や事業活動の内容など、世の中にあふれるさまざまな情報によって日々変動します。
逆に言えば、株取引で利益を継続的にあげていくためには、常日頃から、このような政治、経済、企業情報の収集を継続的に行い、知識を蓄えていくことが欠かせません。

経済の知識を身につけていると、普段の取引においてかなり役立ちます。
例えば、為替レートの変動に関する知識はかなり重要です。
自動車会社など日本を代表する企業は、外国から原料を購入して加工し、作り出した製品を外国へ輸出することにより、利益を得ています。
この場合、国内だけで取引している企業とは違って、為替レートの変動による利益の増減というリスクがあります。

例えば、ドル建てで取引を行っている場合に、ドルと日本円の為替レートが1円変動するだけで、円建てでの利益額が億単位で変わってくることもあります。
外国での商品の販売が好調でも、レートが円高方向に大きく変動したために、利益がほとんどふっとんでしまう、というケースも有り得るのです。

また、世界的な経済状況についても普段から情報を仕入れておくべきでしょう。
例えば、2008年に発生したリーマンショックは、アメリカの大手証券会社の破綻から発生したものですが、発生源となったアメリカだけでなく、日本など他の国にもショックが広がり、世界中で株価の暴落や通貨レートの激動が発生しました。

しかし、この証券会社の破綻以前に、すでに、アメリカをはじめとする金融システムが不安定な状況が続き、いつ何が起こってもおかしくない状態が続いていました。
世界中の株式市場が、金融システムの安定性の上に成り立っているということを、予め、知識として備えていれば、金融システムが不安定になってきたときに、株式市場が不安定になって大きく変動するかもしれないと、リスクを予測することも可能になります。
つまり、事前に保有株式を売却するなど、リスク資産を減らしておくという対策をとることができるようになります。

関連記事