株取引を始めたいけど右も左もわからないという人に勧めるサイトです。このサイトで株取引のいろはを学びましょう!

株取引が出来る時間帯について

株の売買をする場合、個人で証券取引所から直接株を購入することはできず、まず証券会社に口座を開設する必要があります。
各証券会社は証券取引所と投資家を繋ぐ役割をしています。

ですが、現在インターネットが普及し、株式に対するハードルは随分低くなりました。
証券会社まで出向くことや、書類を取り寄せて口座を開設せずとも、ネット上から簡単にネット証券の口座を開設することができます。
それに各証券会社に開設している口座へは資金や保有株式の確認、注文を出すためにいつでもログイン可能です。
しかしながら、株の売買は24時間できるというわけではなく時間に制限があります。

原則株式市場は平日以外株の売買ができず、土曜日と日曜日、祝祭日、大晦日、正月の1日から3日は休場になります。
平日に株の売買ができる時間帯は、9時から11時30分と12時半から15時までの間です。
午前中を前場、午後は後場と呼び、11時30分から12時半までは市場の休憩時間となっています。
この前場と後場の時間帯ならば、東京証券取引所も市場が開かれており現物株の売買ができます。
ちなみに名古屋、福岡、札幌の地方証券取引所の終了時間は15時30分までです。

この時間外では注文をすることや注文をキャンセルすることはできますが、株の売買はできません。
休場時間中に出した売買注文は、翌日市場が開かれたときに指定した条件と合致したときに成立します。

これは、日本に限ったことではなく世界的に見ても同様です。
例えば、日本の大企業も上場しているアメリカのニューヨーク証券取引所は、アメリカの東部時間9時30分から16時までの取引時間になっています。
また祝祭日は休場となり、こちらも同じく株を売買できるのは平日のみです。
ヨーロッパの例を見てみると、イギリスのロンドン証券取引所では土曜日、日曜日、取引所が定める休みを除く平日、現地時間で8時から16時30分までになっています。

SBI証券で利用できるPTSのメリットとは?

東京証券取引所に上場している株式を売買できるのは、市場がオープンしている日中のみです。
しかし、市場が閉まっていても株の売買を行えるPTS(Proprietary Trading System)と呼ばれるシステムがあります。
PTSは取引所金融商品市場外取引のことで、証券取引所で行われる株の売買を、証券会社が自ら作ったプラットフォーム内できるシステムです。

このPTSで注目を集めているのが、ネット証券のSBI証券が提供しているジャパンネクストPTSです。
日本国内においてPTSを運営している証券会社はSBI証券だけで、夜間取引ができるプラットフォームを提供し利用者を増やしています。

ジャパンネクストPTSは大きなメリットを持っています。
ジャパンネクストの取引時間はデイタイムセッション8:20から16:00とナイトタイムセッションは17:00~23:59です。
仕事をしていると値動きを注視しているわけにはいかず、売買する場合は指値注文しておく、長期的に株を保有する、スキマ時間を見つけて注文するなどの方法になります。
その点ジャパンネクストなら日中忙しい会社員の方でも、仕事に出かける前や夜間取引で相場の動きを見ながら時間に余裕を持って株の売買が行えます。

さらに、最新の情報や海外市場の動向を見ながらトレードができるというところもメリットでしょう。
多くの企業が業績を発表する時間は、証券取引所の取引時間外です。
あわせて、夜間は海外の証券取引所で取引が活発に行われている時間でもあります。

また、株価を表示する単位の呼値が東京証券取引所よりも微細に設定されているという特徴を持っています。
呼値の単位は最小1000分の1単位からです。
くわえて、取引手数料が安いというも強みもあります。
取引所で売買する手数料よりも約5%は安くなります。
このようにジャパンネクストPTSは、より細かく注文が出せ手数料もおさえられているので、利益を出しやすい環境が整えられていると言えるでしょう。

関連記事