株取引を始めたいけど右も左もわからないという人に勧めるサイトです。このサイトで株取引のいろはを学びましょう!

株のデイトレードで一儲けを狙える?

ひとえに株式投資、といっても色々な付き合い方があります。
長期で保有して、配当金を受け取ったり、優待を受け取ったりと長期的にお付き合いをしていくスタンスも可能です。
そうなってくると、応援したい会社を株を買う、だとか、企業を分析し、投資に値するかどうかを判断するといった視点が必要になってきます。

逆に、短期間で売買を繰り返すことで、お金を稼ぐことをも可能です。
その最たるものが、デイトレードと呼ばれる手法。
買った株はその日の内に売ってしまい、株を持ち越さないで、1日単位で損益を確定させていく手法です。

長期で株を持ち越すのにくらべ、資金効率の良い投資手法になります。
デイトレードだけで生計を立てている、「デイトレーダー」と呼ばれる人々もいます。
デイトレードのメリットとしては下記の3つを挙げることができます。

1つ目は、短期で大幅なお金を稼ぐことができる点です。
株の中には1日で株価が2倍、3倍になるようなものというのも存在します。
そういった銘柄を見つけ、うまく乗りこなしていくことで、効率よく資金を増やしていくことができます。

2つ目には、大勝を狙わなくても、着実に資金を増やしていくことができる、ということです。
利益を確定させるときはうまく最大化を行い、損失を確定させるときは最低限にとどめる。
それを意識して行い、理論上ではありますが1日に1%でも資金を増やすことができれば、1年で7倍以上に資産を増やすことができます。
そして、ずっとチャートに張り付いているイメージのあるデイトレーダーですが、株式は9時から15時しか動いていませんから、それで生計を立てられるならそれ以外はフリーとなります。
サラリーマンより拘束されない生活が送れます。

逆に、デメリットも存在します。
1つは売買を頻繁にするため、手数料がかさんでくるという点です。
それから、長くないとはいえ、ずっとチャートを見ながら売買を繰り返すため集中力を使います。
そして、デイトレードの最大のデメリットは、そのリターンの大きさに比例した、リスクの高さです。

デイトレードは自分のルールを守ることが大切

1日で2倍、3倍になる株がある、ということは裏を返せば1日で1/2、1/3になるリスクがあるということでもあります。
そこに全資金を投入した場合、資産が1日で大幅に減ってしまうことを意味します。
そういった危険性を回避するためには、最重要ポイントは自分のルールを決め、機械的に売買を行うことです。
一定のポイントを下回ったら即座に損切りを行う、など決めておき、そこに触れた株というのは即座に売却してしまいます。

間違っても、損失を確定させるのが悔しいから戻ってくるのをまとう、と思ったりパニックになったりしてはいけません。
一瞬損切りが遅れただけで、二度と同じ水準まで戻ってこず、後は落ちていく一方、といったこともしょっちゅうあります。
チャートの形を参考にしても良いですし、金額や、パーセンテージで定めてもよいです。
しかし、いずれにしても自分のルールを定め、そこに引っかかった株は売る、ということを徹底していくことがデイトレードで勝ち続け、かつ大損をしないためのコツとなってきます。

デイトレードは短期間で大金を稼ぐことができる、資金効率の良いでメリットがある一方、デメリットも小さくありません。
しっかりと軸をもって売買をすることで、着実に資金を増やしながら、時には大勝で大きく資産を増やしながらも、負けるときは最小範囲での負けで撤退する、というスタンスを貫くことが大切です。
投資の世界においてもっともやってはいけないのは、「資金難で退場すること」そうならないためにも、感情や勘に頼らない手法を身に着けることです。
デイトレードは機関投資家や、経験の長い個人投資家に対して比較的早期に並ぶことのできるジャンルです。
ハマる人は本当にハマりますので、是非とも試してみてください。

関連記事