株取引を始めたいけど右も左もわからないという人に勧めるサイトです。このサイトで株取引のいろはを学びましょう!

投資信託(ファンド)とは?

投資信託は株式の取引と違い、少ない金額で多くの銘柄に分散して投資できる金融商品です。
個人投資家に代わってプロが運用と管理をしてくれるため、個別企業の業績や財務内容を分析したり、経済情勢について情報を収集することなく運用することができます。
投資信託は国内や海外の市場環境で取引される株式や債権、不動産などの金融商品を色々な組み合わせで詰め合わせた商品です。
この組み合わせはファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが、そのときの市場環境や経済の状況を見極めながら売買したり中身を入れ替えたりします。
ファンドマネージャーの運用成績は、それぞれの商品の運用レポートでチェックすることができます。

投資信託の中には大きなリターンをねらえるアクティブファンドと呼ばれる商品や、日経平均などの市場動向をあらわす指数と連動したインデックスファンドといった商品があります。
ビギナーには、運用コストも安く運用成績がわかりやすいインデックスファンドがお勧めです。
もうひとつ、テーマ型といって環境やITなど特定のテーマに関係する企業の株を組み入れるタイプの商品もあります。
ただし、世間の注目は移り変わりが激しいため、注目度が高まる前に安く購入して、値段が上がった時点で売却するなどタイミングを見極める必要があります。

また投資信託のメリットは、小額から始められるところです。
トヨタやソニーといった会社の株式を買うには、数十万円の資金が必要ですが、投資信託は1万円から購入することができます。
積立投資といって毎月決まった金額で定期的に買い付ける場合は、100円から購入できるネット証券もあります。
投資信託には分配金があるものと分配金なしのタイプがあります。
以前は定期的に分配金が出るタイプの投信が好まれましたが、最近では複利効果が大きい分配金なしのタイプが主流となりつつあります。
分配金は利益が出ている場合は課税されるため、長期で運用する場合はコストが割高となります。

投資信託は元本が保証されてないことに注意

投資信託は、運用対象となる株や債権に元本保証がないことから、投資信託自体にも元本は保証されません。
つまり市場の動向によっては元本割れのリスクがあります。
投資信託を購入する場合は、まず自分がどの程度までのリスクを受け入れることができるか?というリスク許容度を診断する必要があります。
リスク許容度は年齢や収入などから決まりますが、最近では簡単な質問に答えるだけでリスク許容度を診断してくれる便利なサイトもあります。

また投資資金は余裕資金で運用する必要があります。
生活費や近い将来使う予定のお金を除いた金額で投資信託を買うのが安全な運用方法です。
こうして自分のリスク許容度と余剰資金を把握した上で、リスクの抑制をはかります。
リスクを抑制するには投資対象や地域を分散すること、それともうひとつは購入時期を分散する方法があります。
株式、債権などの資産の配分を決めて、毎月定額を長期にわたって積立投資する方法がリスク抑制につながります。

一般的に債権のほうが株式よりも値動きの幅が小さく、安全性が高い資産といわれています。
インデックスファンドで積立投資をする場合は、投資信託を始めるタイミングを見極める必要がありません。
毎月定額で買い付けることで、ドルコスト平均法といって値段が高いときは少ない口数で、値段が安いときには多い口数で買うことができます。
そのため、値段が高いときに買い付けて、そのご暴落して評価損をかかえる「高値つかみ」を防ぐことができます。

また積立投資を続ける場合は半年に一度は資産配分の割合をチェックする必要があります。
仮に当初決めた株式と債権の割合が50対50としても、市場の動向によりこの配分が大きく崩れる場合があります。
これはリスクの要因になるため、リバランスといって配分を調整する作業が必要になります。

関連記事