株取引を始めたいけど右も左もわからないという人に勧めるサイトです。このサイトで株取引のいろはを学びましょう!

スマホで行う株取引のやり方

仕事している男女

今はスマホもパソコン並みの性能を持っており、スマホだけで株取引を行うことも十分可能になりました。
ネット証券なら必ずと言っていいほどスマホ用のアプリを持っていますし、アプリを使用しなくてもホームページにアクセスすれば取引をすることができます。
スマホしか持っていなくても、十分に取引をすることが可能です。

スマホで口座を開くやり方は難しいものではありません。
まず証券会社のホームページにアクセスして口座を開くための申し込みをします。
申し込みをしたら自宅に申込書が届くので記入して返送します。
口座を開くことができたら取引用のアプリをインストールします。
同時に口座にも投資用のお金を振り込んでおきます。これで準備は可能です。

アプリを開くとリアルタイムで現在値や気配値などを見ることができます。
PERなどの値や逆日歩も調べることができますので活用しながら銘柄を探しましょう。
たくさんの銘柄の中から購入したい株を選んで買ったり売ったりするだけです。
株の売り買いについては難しいことはありません。

スマホで株取引をするメリットはいつでもどこでもできることです。
仕事を持っている多くのサラリーマンの場合は証券市場が開いている平日は勤務しています。
しかし、スマホで取引ができるなら仕事の合間に売買をすることも可能ですし、昼休みに午前の情報を見て午後の発注をかけることが可能です。
通勤も情報収集のために生かすことができます。

他のメリットとしてはアプリをカスタマイズできることが挙げられます。
証券会社のホームページは情報量が多いですが、一人の人が株取引に使う情報は限られたものです。
その必要な情報だけを1ページにまとめて表示させることができます。
自分流の取引ができるようになるでしょう。

スマホ取引にはいつでもどこでもできること、またアプリを自分でカスタマイズできることにあります。
しかし、パソコンでの取引に比べてデメリットもあり、よく考えて選択をしなければいけません。

株取引はスマホだけで行うのは危険

スマホだけで取引をするデメリットとして最初に挙げられるのはセキュリティの問題です。
ネット証券は個人情報を守るために様々なセキュリティを張り巡らしています。
しかし、外出先でスマホを落としてしまえばどうしようもありません。
トップページにパスワードなどを打たなくてもアプリに入れるようになっていれば簡単に突破されてしまいます。

セキュリティ面では画面ロックをかけたり、セキュリティを強化するためのアプリを入れることができます。
また、設定をしておけば紛失したときに探すことができます。
スマホを紛失することはよくあることですので、そうなってもいいように対処をしておきましょう。

他のデメリットとしては情報量が限られることも挙げられるでしょう。
パソコンに比べてスマホは小さいです。
そのため、画面上に表示できる情報には限りがあります。
例えば銘柄選びが重要なデイトレードなどをしようと思えば圧倒的に情報量が足りません。
中長期の取引を前提として利用することになります。

他にも電波状況によって取引ができないときもあります。
田舎で電波が来ていなかったり、都市部でも通信がしにくくなることもあります。
発注をしても証券会社までなかなか情報が届かず遅れてしまったということもありえます。
LANケーブルでつなぐパソコンに比べると、通信速度は遅くなってしまいます。

スマホだけで取引をすることはデメリットも多く、あまり向きません。
可能ならパソコンと併用することをおすすめします。
ある程度のことは自宅でパソコンで行って、情報収集や一部の株取引だけはスマホで行うといったやり方などです。
また、オンライン講座などがあれば通勤途中にスマホで見るということも可能です。
講座を受けることで電車に乗っているときを有効活用できます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索